2017年訪日外客数は、前年比19.3%増の2,869万人過去最高を記録し、5年間で3.4倍になっています。このような背景や、国策である観光立国の実現を目指して「長野県インバウンド推進協議会」が2019年2月28日に設立されます。

この推進協議会の目的は、世界を魅了する観光地域づくりを目指すため、外国人のニーズに合った旅行商品の造成・提供、戦略的なプロモーション等、インバウンドに必要な施策を関係者の連携による“オール長野”で実施し、長野県の地域活性化に資することです。

会員は長野県内の宿泊業、飲食業、交通事業者、索道事業者、観光関連施設、金融・経済団体、その他インバウンド関連企業・団体などで構成され、入会金や会費は当面無料です。(ただし、事業にかかる費用についてはその都度参加者の合意により決定した額を徴収することとします。)

詳細につきましては、下記の関係資料をご確認ください。

お申込みは「入会申込書」に必要事項をご記入の上、FAXまたはメールでインバウンド推進協議会準備会事務局へ直接送付してください。※締め切り 2019年1月25日(金)

長野県インバウンド推進協議会準備会事務局((一社)長野県観光機構インバウンド推進部内)
電話:026-234-7205 FAX:026-232-3233
E-mail:kokusai@nagano-tabi.net

<参考>
・長野県インバウンド推進協議会 入会のご案内(PDF)
・長野県インバウンド推進協議会について(PDF)
・入会申込書(Word)